診療案内

緑内障

40歳以上の約6%が罹患していると言われ、成人の失明原因の第1位です。

症状は?

視野が狭くなりますが、初期には自覚がむずかしく、健診などで発見されることが多いです。

治療は?

すでに生じた障害は治すことはできませんが、点眼薬によって進行を遅らせることはできます。したがって、なるべく早く、自覚症状がないうちに発見して、治療を開始することが大切です。

健診による早期発見が大切!

早期発見のために、1年1回の健診が重要です。当クリニックでは、必要な検査器械を常備しており、診断から治療まで行うことができます。